adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« NTTの水平分離は是か非か | メイン | チェルノブイリ20年 »

2006年4 月13日 (木曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

yoshida

「何によって」とは、社会的意味合いを優先した美意識の有る表現だと思います。その美意識とは、「社会の動乱や権力に対する個人の主張の限界と思想的悶絶」など真摯に語る姿勢であると思います。長い熟練した記者経験を投影した短切な一文だと思います。また、読者の情感に訴える論理的な美文の一例だと思います。以下第一回SFC-GC春学期授業「マスコミュニケーション」における質問に答えてみます。
経歴を聞いた後の印象は、三点です。学生時代、原子力専攻の人物がなぜ新聞記者を志したのか。次に、なぜ定年まで朝日新聞に勤続したのかという質問です。そしてこれまでの経験を踏まえ、ジャーナリストとして原さんは今後10年間どのような使命と実行があるのか。
次に、ネットと新聞の影響力に関する勝負について。以下記載します。
「ネットと新聞の賭け」について、私は「ネット」が勝つと予想する。その理由は、ネットとは特定メディアとの依存による一定の「情報提供」機能ではなく、「ユビキタス」な情報を望むユーザーの需要を満たすメディアだからである。たしかに、新聞媒体とは、「事実と論理」に基づいてユーザーに、より「事実」に近似した問題提起を起案する使命と取捨選択可能な情報を提供する媒体である。その結果、新聞媒体の使命とは、「偏見のない正確な報道」に基づき、国民生活の生命と財産を守る「第四の権力」として三権分立を鼎立する機能がある。しかし、私が「ネットと新聞の賭け」において、ネットが勝つと予想する論拠は三点ある。まず、新聞媒体においては、「広告費」に依存した新聞媒体の構成によるユーザーの需要喪失である。次に、「分析記事」の定性的、定量的低下である。そして、インターネットを初め技術革新による「メディア情報の取捨選択の拡大」である。以上三つの論拠により私は、「ネットと新聞の賭け」において、「ネット」が勝つと予想する。以上です。

武藤 臼

こんにちは
私自身はプロバイダに払うのと同程度の額を払う価値がなくなったと感じて、新聞の定期購読を止めてもう5年になります。ニュースを広く集めるという点では、ニュース系のwebを多く見るように努めるとか、最近ではRSSリーダを使うとか、ネット上だけで充分対応できます。

柳田邦男さんの「関心事だけ・・・」とういことはむしろTV、とくにNHKのニュースにいいたいところです。流行や特ダネを長々と流すのではなく、広範なニュースを淡々と流して欲しいですね。

活字文化という点でいまさら新聞に期待するのもどうかと思います。おしゃられるとおり、デジタルといえど文字情報ですから、少数の物書きでなく、広く多くの人が担えばよいことですよね。

At

↑なるほど、ならば新聞社にも活字文化問題を語る資格は無いわけだな。
(新聞が見出しに間違った日本語を使うのも最近では珍しい事ではない。)

で、誰に資格があるのだろう?
その理屈だと、たぶん誰にも資格は無い。
だから誰も活字文化問題なんて語らず、
Web以外の活字文化が廃れていくのを見守ればいい。

名無しさん

「何のよって」ってどういう日本語なんでしょう?

タイトルを間違えて、それに気付きもしない人間の語る
「活字文化問題」とやらって、どの程度のもの何でしょうねぇ??(w

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック