adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« ICPF5月のセミナーは情報アクセシビリティー | メイン | はしかで休講なんて »

2007年5 月21日 (月曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

タックス・ペイヤー

なんでこんな制度が有益な論議になるのかが不思議です。都市部としては自分のところに入るべき税金が減ってしまうのではたまらない。地方ではより多くの税収が上がってくれたほうが良い。気持ちはよく判るのですが、極めて雑な発想ではないでしょうか。自治体の収入はそのほとんどが税金です。国税からの交付金と地方税。それに依存しているはずです。その税収にある程度の予測がついているから、予算とか実績とかが在り得るのではないでしょうか。「ふるさと納税」はあくまでも納税者の自由意志に基づくものであるはずです。「来年からはヤーメタ」と考える人が大量に発生したらその自治体の税収は大幅にダウンしてしまいます。「ふるさと納税」を見込んで作成した予算はどうなってしまうのでしょうか。そんなものを求める自治体の首長の方々の安易さが信じられません。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック