adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« 大相撲モンゴル帝国に思う | メイン | youtubeへの許諾 »

2008年3 月25日 (火曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

junhara

そうですか。ズカガールは元気でしたか。昔、35年近く前ですが、なぜか宝塚を取材したことがあります。レッスンの現場も見ました。当時のトップスターにもインタビューしました。みな規律も礼儀も正しく、かつ激しい練習に耐えていました。私のすぐそばで練習の合間に息を切らす若い女性の群。圧巻でした。

佃 均

過日、建設費10億円をかけたにもかかわらず、保険会社の総決起大会とかバッタ市とかぐらいにしか使われていないと不評のわが町芸術館に行きました。宝塚を1988年ごろに引退した当時のトップスター3人を中心とする「宝塚OG」のショウがあったんです。近所の人を誘ってカミさんと一緒に。
いや、もう50歳を過ぎている人もいるのだろうに、歌声は衰えていないし、踊りのステップも元気ハツラツ。オロナミンCなんかいらない、という感じでした。
舞台装置が宝塚劇場とはいかないので、演出には難しさがあったと想像しました。でもそれはそれ、ちゃんとダチョウの羽の階段降りもあったし、最後に「スミレの花咲くころ」を観客と全員で歌ってEND。宝塚OGが頑張ってました。
「さくらの花咲くころ」という表題でつい。
で、件の芸術館ですが、最近は市内在住の平山邦夫さんの展覧会とか落語の会とか、いい感じになってきました。横須賀芸術館に刺激されたんでしょう。元松竹撮影所の跡地にできたのだし、小津安二郎さんがロケをした駅や踏み切りなんか山ほどあるんだから、映画祭なんかやったらいいのにと、あくまでも一市民として思っています。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック