adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« 東電社長交代 | メイン | 脱原発 ドイツにできて日本にできない理由 »

2011年5 月27日 (金曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

KN生

今朝の北陸中日新聞20-21面こちら特報部「原子力村に同窓人脈」の特集に貴兄のお名前を見つけました。

メディア研究会でご一緒し貴ブログを覗いたことがありましが、改めて原発へのコメントを拝読しました。さすがに奥深い論説を展開されておられ、当事者、メディアの拙劣対応にやり場のない不満の痛点を突くものがあり少し溜飲が下がりました。

昨日、台風のため東京への便が飛ばず富山の田舎でネットチェックしてブログを拝読しました。貴ブログの継続拝読者になります。いっそうのご健勝をお祈りしています。

石油会社勤めを終え教壇に立っているノッポのKN生

田中秀明

私は混乱状況の中、吉田所長の判断は正しかったと思います。吉岡律夫氏も失敗学会HPで「もし、海水注入を停止していれば、圧力容器の底部破損範囲が更に拡大した可能性もあり、注水継続を決断した所長の判断は、表彰状ものであって、処分などとんでもない事です。」と述べておられます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック