adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« やはり票にならぬ脱原発 | メイン | アフガン再び »

2014年2 月 5日 (水曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

jun

hiroさん、コメントありがとうございます。
一連の報道を見ていても、分からないことが多すぎます。連名で出せばよかったのに、なぜそうしなかったのか。メディアの関心は自らがだまされたのかにあって、彼らがなぜこういうことをしたのか、解明してくれません。
だれが作曲しようが名曲は名曲なのであって、今回の事件でhiroshimaが名曲とはいえないとか、発売中止にしたりする人たちの音楽鑑定眼はどうなっているのか、そちらの方が問題ではないでしょうか。

hiro

ガーシュウィン作曲の有名な『ラプソディ・イン・ブルー』はグローフェがオーケストレーションをしているのは周知の事実です。
 作曲当時のガーシュウィンは未だ管弦楽法に精通しているとはいえなかった上に、作曲の期間が限定されているという事情も加わって、ガーシュウィンに代わってグローフェが(ゴーストライター?として)編曲を行ないました。
 名前をしっかり出すことですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック