adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« 日本NCRの三富啓亘元社長が亡くなった | メイン | 手抜き目立った年末年始のNHKテレビ »

2008年1 月 2日 (水曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

二酸化炭素

地球温暖化対策に庶民の協力を求めても効果は少ない。国が炭素税を課す以外の実質的な対策はないと思っている。しかし、地球温暖化を考えない利己的な経団連が反対していることもあって、福田内閣で導入されることはない。
ガソリン、軽油、灯油に1リッター当たり40円の炭素税を課して、税収で太陽光発電設備費用の80%を補助すると、20年で日本の全家屋に太陽光発電設備を設置できる。

evinfo

電気自動車は、日本においてはガソリン自動車よりは、原油の消費量は低減できるはずです。したがって、二酸化炭素の排出量は低減できます。原子力発電所が全部停止してしまえば、電気自動車を開発する意味はないことはたしかです。

ただし、地球温暖化を二酸化炭素の排出量だけで議論するのは科学的ではないと思います。二酸化炭素はいまや商売の種になりつつあり、政治的・経済的な視点からしか議論されていないことに危惧を憶えます。

原子力発電所でも温排水を海に流しています。このことの影響は小さくないと思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック