adsense

関連サイト

サイト内検索

カスタム検索
Powered by TypePad
登録年月 07/2004

« 花見を自粛してどうする | メイン | 人類に対する罪、地球に対する罪 »

2011年4 月 3日 (日曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

プルぷるん♪

東電が今日、高レベル汚染水の保管場所を確保するために低レベル汚染水1万15百トンを海へ放水すると発表しました。

東電は「人体に影響ないが、申し訳ない」と言っていました。

日本気象学会が会員向けに福島の放射線の飛散予測について勝手に公表するなと通達を出しました。

ドイツやノルウェーなどがとっくにサイトで公表しているにも係わらずです。

それによると今週後半からこれまでほとんど放射線が飛散していなかった西日本から北海道まで、広い範囲で飛散予測が出されています。

国民の健康に重大な影響を与えるこのような情報を国が隠蔽しているわけです。

「黙っておけば分かりはしない。騒がれもしない」と考えているのでしょうか。

東電は今回の事故を「すみません」と謝罪して賠償金を払えばすべて終わると考えているのでしょうか。

こんな連中にこのような大事故を我々日本人は任せなければならないのでしょうか。

このままではチェルノブイリに近づくのではなく、チェルノブイリをはるかに超えてしまうイメージしか湧きません。

私の脳みそは怒りで沸騰しています。

いちご

可能性は低いんですね… 少しだけ安心しました…

海へ汚染水が流れてしまうのも とてもとても不安で。

もっと専門的な方を呼ぶべきなのでしょうか?
政府はなぜ 東電にまかせっきりなのでしょう…

悪夢の中にいつまでも いる気分です…


丁寧にいつも ありがとうございます。

いちご

いつも情報ありがとうございます

報道だけだと そこまで知る事はなかったと思います

もし再臨界になった場合、
原発付近にまだ残ってる方々は無事でしょうか?
また どの辺りまで避難したら良いのでしょうか?


何が起きてるのか…もう………わからない

いちごさん
junharaです。
再臨界が起きるか起きないか、私が判断できる情報はありません。いい加減なことをいうなと怒られそうですが、可能性があるとしかいえません。でもその可能性を否定する情報もありません。状況証拠として米軍によるホウ素入り真水の提供があるだけです。成功を祈るだけです。
しかし起きた時どうするか。可能性は低いと思いますが、その時は問題です。私も政府の発表に頼るしかありません。彼らだって逃げなくちゃならないのですから。昔の軍隊みたいに国民を置き去りにして自分だけ逃げることはできないと思いますよ。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

最近のトラックバック